トップページ > 製品情報 > データ取込ソフト
PC Link

PC Link

データ取込ソフト/【販売終了】

三和オリジナルソフトウェアPC Linkは、SANWAデジタルマルチメータのPCシリーズ1台をパソコンに接続して、DMMから出力されたデータを取得するためのデータ取り込み専用ソフト ウェアです。操作画面上にはリアルタイムでグラフが表示されるため、測定値の変動を簡単に確認することができます。また、測定値はCSV形式のファイルで 保存されるため、Excel等の表計算ソフトウェアで直接読み込んで、データの加工や印刷などが可能です。
【販売終了】
特長
  【表示】
○ 測定値をグラフ表示
○ 表示グラフのスクロール拡大、縮小、上下移動が可能
○ 測定中の最大・最小値およびその時刻、日付を表示
○ データを取込み中でも取り終わったデータをグラフ表示
○ グラフのカーソルを移動させカーソル位置のデータを表示
○ 文字検索により検索結果位置にグラフ移動
【印刷】
○ グラフをそのまま印刷
○ ビットマップ画像グラフ、CSVデータファイルを重ねてグラフ比較表示、印刷可能
【測定】
○ 任意の時間間隔でデータを取込み
○ 毎日設定された時間または、設定された期間のデータ収集
【保存】
○ 日付、時刻を付けて測定データをCSVファイルとして保存
○ 保存したCSVファイルは表計算ソフトウェアで加工が可能
○ グラフの読込、保存がビットマップファイル(BMP)形式で可能
【演算】
○ 任意値からの±変動が分る偏差測定が可能(チャネル1のみ)
○ コンパレータ機能により、設定値範囲外でブザーを発音(チャネル1のみ)
○ 単位の変更、小数点位置の変更(チャネル1のみ)
○ 10本の折れ線近似によるリニアライズ(チャネル1のみ)
【通信】
○ 測定データを添付したメールを一定間隔で自動送信
○ コンパレータ設定を越えた場合も警報送信させることが可能
○ データ要求メールを送り、測定データをメールで送り返させる双方向通信が可能
【信号出力】
○ コンパレータの比較結果をRS232Cポートに出力
【DMM のインターフェース】
○ RS-232Cをサポート
○ USBをサポート(専用ケーブルでWindows上ではRS232Cで認識)
【機能拡大】
○ 別売アクセサリ温度プローブ、電流クランププローブを使用可能
【その他】
○ Excelへ測定データの直接転送
○ グラフ表示をクリップボードにコピー可能
○ PC520Mのメモリデータをコンピュータにインポート

【対応接続ケーブル】 ※全て製造中止となっております。
モデル ケーブル
USB タイプ
(USB 1.1 準拠)
(ケーブル長: 1.3 m)
シリアルタイプ
(ケーブル長:1.9 m)
PC100, PC101, PC10 KB-USB KB-RS1
PC20, PC20TK KB-USB/KB-USB1 KB-RS1
PC5000,PC500,PC510,PC520M KB-USB2 KB-RS2
PC5000a, PC500a, PC510a KB-USB2a KB-RS2a

 ※上記対応接続ケーブルは PCLink7 には使用できません。

●Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

仕様


■PC Link ソフトウェア試用版(フリーソフト・30日間限定で試用可能)

【ダウンロードはこちらから】
pclink_v210_trial.zip (7.63MB)

■PC Link ソフトウェアアップデート

差分ファイルのダウンロード、インストールによりVersion2.10への無償バージョンアップができます。

PC Link対象バージョン
Version1.02 / Version1.10 / Version1.11 / Version1.12 / Version1.13

【ダウンロードはこちらから】

pclink_v210_update_jpn.zip (7.56MB)