トップページ > 製品情報 > クランプメータ
I0R500

I0R500

クランプメータ/リーク電流

【JECA FAIR 2014出展製品】

1台2役!抵抗分漏洩電流(Ior)も負荷電流も測れる
Ior (アイ・ゼロ・アール) リーククランプメータ
108,000円(税抜)
特長
■ 活線状態で抵抗分漏洩電流(Ior)を測定、Ior測定方法はTrueR理論を採用
■ 三相三線Δ結線でR相とT相の同時地絡検出
■ AC500Aまでの負荷電流計測にも対応
■ クランプセンサ一体型、クランプ可能導体径φ35mm
■ Ior値とIo値の同時表示、2画面切替可能
■ MAXホールドモード、AVGモード(移動平均値表示)、データホールド機能
■ バックライト、オートパワーセーブ(約30分、解除可)
■ 単4形アルカリ電池2本で連続170時間以上の長時間動作
■ パソコンでデータ収集(別売オプション I0R-USB が必要)が可能
■ 液晶表示:最大9999カウント(上部及び下部数値部) サンプルレート:約4回/秒

※TrueR理論は株式会社SoBrainが専用特許実施権を有する技術です。
※TrueR理論はR相とT相の容量成分が平衡していることが条件です。

● 演算理論については こちら を参照ください。

● おすすめ製品解説はこちら

※Y結線でIo測定は可能ですがIorの測定はできません。
※異容量三相4線では単相3線のIor測定は可能ですが、 三相3線のIor測定はできません。 (Ioは可)
※位相検出が困難なとき(第3次までの高調波を多く含む場合など)はエラー表示(ドット点滅)がでて、Iorを正しく測定できないことがあります。



I0R USB通信ユニット:I0R-USB
テストリード:TL-28
マグネットマルチコンタクト:MC-1
セイフティ・ジョークリップ:MC-2



仕様

■データ取込ソフトウェア I0R LINK 最新版

【ダウンロードはこちらから】
I0R LINK v2.05 (ドライバー含む)
  ※I0R LINK Ver2.00をご利用の方は最新バージョンへの更新をお願い致します。

※ソフトウェアご利用の際はUSB通信ユニット I0R-USB が必要となります。