トップページ > WiLOG 情報 > 2.4GHz電波全般

2.4GHz電波全般

無線の周波数は?

2.4GHz帯です。
プロトコルの仕様はIEEE802.15.4準拠ですが、Zigbeeなどではなく独自プロトコルです。

子機~親機まで、電波はどのくらい飛びますか?

障害物のない見通しのよい場所で、直線距離約100mです。
電波の到達距離は、障害物はもちろん、気温や天候にも左右されます。
特に、金属の壁や床などの障害物は大きく影響します。

電波が届かないときはどうすればいいですか?

中継器(WR10)を用いて、通信距離を伸ばすことができます。
障害物のない見通しのよい場所で、約80mほど距離を伸ばすことができます。

海外でも使用できますか?

使用している無線モジュールが日本国外の電波法などには準じていないため、使用できません。

子機の計測値が親機に表示されません。通信できていない?

親機と子機をすぐ近くに置いても通信できませんか?
ロータリースイッチは親機と子機で同じになってますか?
子機に、子機番号や計測値は表示されてますか? 電池残量は大丈夫ですか?

電波が届かない場所でロガーとして使うには?

子機を親機の近くに置いて記録開始し、その後子機を置きたい場所に設置します。
いったん記録を開始すれば、電波が届かなくても子機は記録を継続します。
記録期間が終わったら、子機を親機の電波が届くところに回収してデータを一括転送します。

電波が届きやすい置き方とかありますか?

親機や中継機のアンテナは垂直で、子機は立てた状態、が最も良い特性になります。子機を横にしたりすると、通信状況は悪化します。
また、なるべく周りに障害物なのない高い場所に置くと電波が飛びやすいです。

電波干渉について設置場所で注意することは?

各機種の取扱説明書にも記載されていますが、次の点にご注意ください。

・金属や電線からできるだけ離し、見通しの良い高い位置に設置してください。 ・壁や床などは金属が含まれている場合が多いのでご注意ください。 ・強い磁力が発生する場所や、同一周波数の電波が多い場所に設置しないでください。 ・電子レンジ使用時は強力な電磁波を発生しますので、数m以上は離すように配置してください。