トップページ > サポート情報トップ > CSクラブ

CSクラブ

CSクラブについて

1941年創業以来半世紀をこえて、SANWAマルチメータは、世界中で数多くのユーザー様より繰り返しご愛用をいただいて参りました。アナログから始まり、デジタルの時代へ、現在では両面にわたる最も豊な品揃えを特長とする専門メーカーとしてその責務を自覚し、「お客様満足」の充実向上をめざし努力しております。今回発足いたしましたSANWA CS〈ご愛用優待〉クラブは、基本的にお客様のご要望にさらにきめ細かくおこたえできますよう商品・サービスの向上を目的とし、そのためにご購入後の
アフターサービス=【保守、校正、校正のための修理】
など、さらにはご購入前における
ビフォーサービス=【新製品情報のご提供】 【ユーザー様のご意向調査】
など、SANWA製品ご愛用に対する長期のトータルなサービスを提供し充実をはかることを目指すシステムです。すなわち、当クラブは左記の3つの〈CS〉を基本コンセプトに、6つの会員特典サービスを提供いたします。

校正サービス CALIBRATION SERVICE

■なぜ校正が必要なのでしょうか。
ISO9000では、「検査に使用する測定機器は、定期的に国際標準又は国内標準にトレーサブルな機器を用いて校正し、調整すること」と定められています。作業において使用している計測器の測定値(性能や仕様)が、国際標準にトレーサブルな値として信頼できるものにするためにも校正は必要なのです。
■校正(Calibration)とは?
JIS Z 8103:2000のJIS計測用語では、「計器又は測定系の示す値、若しくは実量器又は標準物質の表す値と、標準によって実現される値との間の関係を確定する一連の作業。備考:校正には、計器を調整して誤差を修正することは含まない。」と定義されています。すなわち個々の計測器の読みのずれを把握して、共通の測定基盤を作る作業です。また計量法では、『その計量器の表示する量と国家標準と指定している装置(特定標準器や特定二次標準器)の標準となる量との差を測定することをいう。』と規定されています。標準となる校正を受けた標準器を用いて、使用している計測器を測定し、値付けを行うことによって、その計測器をまた別の標準となる計測器とすることが可能です。
■トレーサビリティとは?
標準器や計測器が上位の標準器によって校正されていくことにより、最終的には国家標準との繋がりが確立できることを意味します。

CSクラブの詳細